« 3月29日モーニング娘。コンサート@新潟 | Main | 5月4日Berryz工房℃-uteコンサート@大阪 »

May 12, 2008

5月3日ミュージカル「トゥーランドット」@大阪

0503 Photo_4 53日、大阪の梅田芸術劇場にて行われましたミュージカル「トゥーランドット」に行ってきましたのでレポ。18時開演の回です。席は119列です。 今回、この劇を見るのはなっちが出演しているからなのですが、今回はハロー系でもなく、なっちが主役でもないので、客席とか見ても、アウェイ感がありました(女性が多かったです)。グッズはパンフだけ買えばいいので楽なので助かります。席について、パンフにかいてあるあらすじを見て学習です。

18時過ぎに開演、島国の勇者カラフ王子(岸谷五朗)が、女帝トゥーランドット(アーメイ)が治める黄金の都にたどり着く。トゥーランドットは独り身であるのだが、女帝の夫となるには、トゥーランドットの謎を解かねばならず、解けなかった場合には、次の満月の夜に処刑されるという。処刑の儀式を見たカラフ王子は、トゥーランドットの謎に挑戦することを決める。

なっちはカラフ王子の従者リューを演じております。主役はトゥーランドットとカラフ王子で、リューは準主役くらいかな。一人で歌う場面も数ヶ所ありましたし。なっち、一層歌がうまくなったなぁと思いました。誰が出ているか知らずにこの劇を見たら、「あの歌のうまい女の子は誰だ?」と思うくらいに。

20分の休憩を挟んで、終了したのは2050分過ぎ。カーテンコールは3回ありました。ストーリーはそんなに難しくないので、1回見ただけでも判ると思います。舞台に大きな階段状のセットがあり、人の動きがわかりやすかったです。セットは上から見ると高いのだろうなぁ

56日にも同公演を観劇しました。1階席の中央24列。2回目の観劇なので、いろいろと役者さんが発する言葉(ティムール等)から次への展開の伏線を楽しんだりしました。この劇は客席の通路も使うので、1階席で見るほうがやはりいいですね。3日に見た時の席(19列)は後ろが通路だったので、後ろから役者さんの声が聞こえて臨場感がありました。2回目見ると、その後ろの通路なっちが通ったようです。

カーテンコールは今回も3回。ワン将軍演じる中村師童さんはクモの糸を客席に投げて広げるパフォーマンスをしておどけます(さすがスパイダーマンヲタ)。なっちは客席に舞妓さんがいることに気づき、師童さんに何やら話しかけていました。

2回見ての感想は、なっちの成長をものすごく感じたことです。このままミュージカル女優になってしまうのかと思うくらい演技、歌が良かったです。劇の内容はストーリーが割りとわかりやすいので2回くらいで十分かなと思いました。カラフ王子演じる岸谷五朗さんは役がはまっていて良かったです。トゥーランドット役のアーメイさんは日本語の台詞に中国語訛りがあるのが少し気になりました(異国の人の役と思えばいいか)。ワン将軍は声がガラガラ過ぎないかぁと感じましたが、将軍らしく威厳があったように思います。民演じる早乙女太一さんは優美な雰囲気を出していました。なっちのひざまくらで眠るシーンは役得ですね。

|

« 3月29日モーニング娘。コンサート@新潟 | Main | 5月4日Berryz工房℃-uteコンサート@大阪 »

ハロプロ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25580/41406499

Listed below are links to weblogs that reference 5月3日ミュージカル「トゥーランドット」@大阪:

« 3月29日モーニング娘。コンサート@新潟 | Main | 5月4日Berryz工房℃-uteコンサート@大阪 »