« February 2005 | Main | April 2005 »

March 2005

March 29, 2005

モーニング娘。コンサート@名古屋

3月21日、名古屋センチュリーホールにて行われましたモーニング娘。コンサートに行って来ましたので、レポを。今回は昼公演のみです。今回の名古屋公演ではスペシャルゲストとして、後藤真希、安倍なつみが登場します。座席は2階の後ろの方とあまり良くないです。ネタバレ注意。内容は福井公演と同じ部分が多いので、違った部分を主に書いていきます。


今回の公演はセットリストをあらかじめ見てからの参戦だったので、特に期待はなかったです。「GET UP! ラッパー 」にて、なっちが加わりました。レビュー以来1ヶ月振りにみるなっち。元気そうです。ただ凝視するのみでした。MCではホテルのルームサービスでコーヒーと紅茶を頼んだが、紅茶の葉っぱが入っているポットにコーヒーを入れてしまって、結局どちらも飲めなかったらしいとのこと。相変わらずのグダグダMCです。続いて「夢ならば」という4月に発売されるなっちの新曲が披露されました。印象はまだ薄いです。CDが発売されて何回か聞くと好きになるのかもしれません。

その後に、ごっちんが登場、「さよなら「友達にはなりたくないの」を披露しました。そして、よっすぃ~、愛ちゃんが加わり「SHALL WE LOVE?」が歌われました。愛ちゃんばかり見ていて、全体はあまり把握していなかったり。ごっちんのダンスがいいらしい。

上記の変更により、「ふるさと」はカットとなりました。このツアーでの一番いい部分なだけに、ちょっとねぇ~。

アンコールは「女子かしまし物語2」が歌われたのですが、つんく♂の「まだまだ続くよ~」のカラオケに続いたのはまず、ごっちん、そしてなっちでした。歌詞の内容は名古屋や万博に関するもので、スペシャルらしいといえばらしいですね。二人の衣装は「オール...」を歌った時のものでした。二人はこの曲が終わると捌けてしまい、「ザ・ピース」は通常の娘。の編成で歌い終了。

ごっちん、なっちは本当にゲスト扱いで、出番が少なかったです。二人の押しにとっては不満が残るでしょう。私も不完全燃焼でした。「ふるさと」ないし... 通常のツアーの方が今回は良いだけに、残念です。なっち押しといたしましては、1ヶ月振りになっちを見ることができた。それだけですね。次なっち見るのは後浦なつみコンですが、今度は大丈夫でしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2005

松浦亜弥コンサート@豊橋

3月20日、豊橋勤労福祉会館にて行われましたあややのコンサートに行って来ましたので、レポを。書くのがかなり遅くなりましたね。今回は夜公演を見ました。座席は4列通路側と久々の高ポジション。ネタバレ注意。


オープニングは「Yeah!めっちゃホリデイ」でスタート。あややは昔流行ったジュリアナの扇子の様な物を振っていました。やっぱりこの座席近いなぁ、あややがよく見えます。正月のハロコンでもこの曲歌ったけど、やはりソロコンで歌っているあややが一番いい。あややだけ見ればいいから。私も必死に振りをします(笑)。続いて「GOOD BYE 夏男」「ね~え?」と楽しい曲が続きます。私はやはり振りを...

簡単なMCの後紹介された曲は「ずっと好きでいいですか」。新曲で、CMにも流れているバラード曲です。続く「渡良瀬橋」とともに、ここはじっくりのあややの歌に聴き入ります。

再びMC、ここで例のFRIDAY騒動で謝罪。先週でもう十分とは思うのですが。こんな騒動であややを見捨てる訳がありませんから。あややをこれからも応援する意味で私は拍手をしました。この後、あややは客席を座らせMCが続きます。あややは何歳かという話題では、「25歳!」と観客の声が... 「18歳です。」とあやや反論。見せれるならパスポートとか見せたいと。昨年は18歳になったことで午後9時以降の仕事ができることになりマネージャーさんは嬉しがっていたようです。現在やっているCMのエピソードで、朝日の中の撮影のため、夜中の3時に出発したそうです。かなり寒くてカイロをたくさん貼ったとのこと。そして嬉しい知らせ。今度ANNのパーソナリティになることになったと発表。拍手と歓声が起こりました。

「ナビが壊れた王子様(LOVE CHANCE)」が歌われました。この曲はアルバム曲ながら、今度のベストアルバムにも収録されているファンには人気の高い曲です。以前のツアーでは歌われたことがあったのですが、DVD撮影の時にはあややの体調が考慮されカットとなり、映像化されていません。今度こそは映像化を願います。単に私がこの曲の振りを覚えたいだけですが(笑)

あややが一旦はけて、続いて「奇跡の香りダンス。」がかかります。しかし出てきたのはメロン記念日の4人でした。今回私はセットリストをほとんど見ないで参戦したので、これはちょっと驚き。とりあえず、4人の中では柴田さん押し(私はやはりDDかも)なので、彼女を中心に見ていました。続いての「赤いフリージア」はあややが歌いました。こちらは普通に見ていました。

簡単なMCの後、あややとメロン記念日5人で「ドッキドキ!LOVEメール」をア・カペラで披露しました。ゴスペラーズのようなハモリがあまりなくて感動はなかったです。よくやった方かな。客席は静かに聞いていてよかったですね。

今度は一転して、メロン記念日のソロコーナーへ「肉体は正直なEROS」の振りはなかなかそそりますね。次の「THIS IS 運命」で再び会場は熱くなりました。「恋愛戦隊シツレンジャー」では再びあやや登場、メロン記念日はバックダンサーとなります。この曲、私なっち押しといたしましては少し複雑ですね。3人で歌っている姿を先に見たかったです。今度の後浦なつみコンで可能となるのですが。続いて「桃色片想い」にて私はひたすら飛びまくってました。この曲もやはりこんこんや夏焼さんでなくてあややが一番いいです。

「LOVE涙色」でちょっと小休止の後、「I know」「絶対解ける問題 」と盛り上がる曲が続きます。この辺はあややコンに来たことへの充実感があります。「YOUR SONG~青春宣誓~」で本編が終了。

アンコール明けの曲「シャイニングデイ」はバックダンサーにメロン記念日が。私の前には柴田さんがいまして、彼女本当に女らしくなったなぁと感じながら、同じ振りをしていました。ここの曲はあややより柴田さんを見ていた時間が長かったように思います。最後の曲は原点となった曲(デビュー前のハロコンで披露した)「100回のKISS」で終了。

全体を通して、盛り上がったり、しっとり聞かせたりと緩急をつけた構成で楽しむことができました。また行きたいと思わせるコンサートでした。

| | Comments (2) | TrackBack (3)

March 19, 2005

モーニング娘。コンサート@福井

3月12日、福井フェニックスプラザにて行われましたモーニング娘。コンサートに行って来ましたので、レポを。今回は昼夜両公演を見ました。座席は昼はBゾーンの後ろの方、夜はAゾーンの後ろの方と、あまり恵まれた座席ではありませんでしたが、かなり楽しめました。ネタバレ注意。

会場であるフェニックスプラザは2002年1月にハロープロジェクト公演が行われた場所で、娘。メンバーが来るのはそれ以来になります。あの時は梨華ちゃんの誕生日でみんなでハッピーバースデー歌った後、梨華ちゃん泣いてたなぁ。あと、福井は高橋愛ちゃんの地元でもあり、愛ちゃんファンが多かったように思います。かくゆう私もそうですが。

オープニングのVTRが流れ、コンサートが始まりました。最初の曲は最新曲「THE マンパワー!!! 」です。先週の公演でインフルエンザの為欠場していた小川さんも復帰し、かおりんが抜けて11人で行う最初のコンサートです。続けて「浪漫~MY DEAR BOY~」「独占欲」 が歌われました。「独占欲」は私がアルバム「愛の第6感」の中で最も生で聞きたかった曲です。サビの部分でのれいなちゃんと愛ちゃんの力強いヴォーカルが印象的でした。

ここでMCがあるのですが、前ツアーから始めたステージ全体にメンバーが散らばり一人づつ語っていくものでした。内容は昼夜とも同じでした。愛ちゃんは何言ってたか忘れた。声援はやはり一番大きかったですね。

「涙が止まらない放課後」は愛ちゃん押しの私はいつもの如く愛ちゃんのダンスを凝視。「声 」は出だしの新垣さんがいいですね。今回の公演ではかなり目立っていました。娘。の中心的役割を担ってもおかしくない存在になっていると思います。「ラヴ&ピィ~ス!HEROがやって来たっ。」はマンパワーのC/Wです。コンサート向きの曲ですね。「LOVEマシーン 」は愛ちゃんをほどんとみていたので、後で数人足りない編成であることを知りました。「いいことある記念の瞬間 」は矢口・亀井 ・小川の編成。2002年のアルバム曲で、春ツアーでも歌われました。懐かしいなぁ。私はサビでの手の振りは昼は少し遅れ気味でしたが、夜は対応することができました。

「ロマンティック 浮かれモード 」は普段私が出入りしているパティオの会議室でのオフ会にて、この曲でのヲタ芸が話題になり(というか実際やっていたのですが)、実際のコンサートでやったらどうなるのかなと私自身すこし期待してましたが、予想通りでした(笑)。半分以上の人が曲に合わせてOADやロマンスなどのヲタ芸をしてました。。その光景は可笑しくて楽しくて笑っちゃう。私は美貴ちゃんを見たいので(押しではないが)、美貴ちゃんに合わせて振りしてました。夜公演では隣の席2人が前奏で額を床につけて土下座してスタンバイしているのには驚き。

続いて昼は「shall we love?」、夜は「GET UP! ラッパー 」でした。「ふるさと」は昼公演が新垣さん、夜公演は愛ちゃんが歌いました。愛ちゃん押しとしましては、感無量。愛ちゃんも後のMCにて「歌っていて泣きそうになった」そうです。

「モーニングコーヒー 」はなっちがいなくなってから、私自身結構戸惑いがありまして、静かに聞くのみです。Bメロでの部分は梨華ちゃんでした。続いて「恋愛レボリューション21 」でしたが、愛ちゃんを探しても見つからない。どうも最初からいなかったようです。「直感~時として恋は~」では愛ちゃん、新垣さんも加わります。この曲は「いきまっしょい!」の流れを汲む曲で、振りがめちゃくちゃ楽しいです。でも疲れます。

「レモン色とミルクティ 」は愛ちゃんを除く5,6期が歌います。私は愛ちゃんがいないので、メンバーを一通り見ていたのですが、亀井さんを見る時が多くなりました。髪がショートになってかわいくなりましたし。「春の歌」は飯田さんパートを愛ちゃんが歌っていました。愛ちゃんもいつのまにかお姉さんチーム(矢口・石川・吉澤・高橋 )になりました。

「... 好きだよ!」 「そうだ!We're ALIVE 」「すき焼き 」「Go Girl~恋のヴィクトリー~ 」と怒濤の如く進んでいきます。Go Girlの方は途中で旗を持ってきて全員で振り出しました。いろいろなことをやってみるのはいいのですが、もう少しかっこいい旗の振り方にして欲しかったな。「I WISH」はメインヴォーカルは梨華ちゃんでした。この曲が出た当時梨華ちゃんはあまりパートをもらえませんでしたが、今こうやってメインで歌っているのを見ると、歌の質はともかく梨華ちゃんなりの成長があり、しみじみと聞き入っていました。ここで本編が終了。

アンコールでは「愛ちゃん」コールがホールに響きました。出てきたメンバーはセーラー服です。愛ちゃん萌え!「女子かしまし物語2」が歌われました。 その後のMCにて、愛ちゃんは「五木ひろしさんみたいにスターになれるよう頑張ります」と発言。客席から大きな声援が上がりました。愛ちゃんヲタは愛ちゃんがMCで話す度に客席のあちらこちらでピョンピョンと飛び跳ねている姿が見られました。私は「必死だな」と人ごとみたいに感じてました。

最後の曲「ザ☆ピ~ス! 」が歌われ、コンサートが終了。全員がステージから消えた後、愛ちゃんが追い出し曲の「ハピサマ」に合わせて行進するように再登場。「コンサート楽しかったですかぁ」「また来てもいいですかぁ」と客席に話しかけます。客席は今までにない歓声で応えます。愛ちゃんは「はぁ~い、来ちゃいます!」「今日はどうもありがとう!高橋愛でした!」と言って、ステージから消えていきました。福井のコンサートは夜公演は毎回最後にこういったトークがあるわけでして、愛ちゃん押しにはたまらないわけです。また福井にコンサートがある時は私はもちろん行きます。愛ちゃん押しは福井公演に一度行くとはまってしまいますよ。


| | Comments (1) | TrackBack (2)

« February 2005 | Main | April 2005 »