« とりあえず勝ったようでよかった。 | Main | モーニング娘。コンサート@福井 »

February 17, 2005

安倍なつみレビュー&コンサート@東京

2月13日、日本青年館にて行われました安倍なつみレビュー&コンサートに行って来ましたので、レポを。レビューの部分はメロン記念日レビュー&コンサートと重なる可能性がありネタバレです。昼公演に行って来ました。席は2階7列とかなり干されてます。でも中央でしたし、隣の通路席は空いていたので、少しは救われました。

レビューはなっちとメロン記念日のみが出演、5人は普段ダンスのチームを組んで踊っているが、今度世界的なダンスコンテストが行われることになり、5人が行っているダンススクールから1組出場権が与えられることになった。5人は1次審査、2次審査でダンスを披露していく、というストーリーです。髪を二つに結んだなっちはかなりかわいいです。

1次審査の曲は「私がおばさんになっても」。5人は「エコ」をテーマにした衣装でダンスを行います。なっちは森の妖精をイメージした緑の衣装。大谷さんは衣装代を節約するため普段着のTシャツにジーンズ、村田さんは愛・地球博のTシャツと手にはボンボン、とここまではいいのですが(とはいえ、みんなバラバラ)、柴田さんはウェイトレス(エコロジーと掛けた?)、斉藤さんはチャイナドレスの様な服(エロロジー)と、エコじゃなかったりするのですが、何とか2次審査に進みます。

2次審査の曲は次々に曲がかかりそれらに対応してダンスしていく審査(公演によってかかる曲は違うらしい)。「ミニモニひなまつり」「ちょこっとLOVE」「恋愛戦隊シツレンジャー」「アイーン体操の歌」「ここにいるぜ」と次々に曲が流れ、なっちたち5人がダンスをするのですが、その振り付けは原曲と同じなのですね(審査で原曲と同じ振りをしてもいいものかと言う素朴な疑問もあったが、考えるのはよそう)。私は初めてなっちがシツレンジャーの振りをするのをこのレビューで見ることになりました。

2次審査の結果はどうだったのか最後まで見てもよくわからずレビューが終了。メロン公演では別の展開があるのかもしれません。ここまでで30分。短いですね。歌が付いたショートストーリーというかコントのような感じがしました。

5分間のインターバルをおいて、コンサートが始まりました。まずは「ふるさと」です。「せんこう花火」と昨年のコンサートでは定番だった曲が続きました。

MCでは迷惑をかけたことについてお詫びをした後、「晴れ 雨 のち スキ」が披露されました。私がいつも懸念しているBメロでの「なっちコール」は、復帰したばかりで声援を送ってあげようと勘違いしている方が多いせいなのか今まで聞いた中で一番うるさかったです。切なくていい曲なんだから静かに聞いてあげてよ。私はサビの振り以外はいつものようになっち凝視(というか遠いので双眼鏡で野鳥の会でした)。
 
「恋にジェラシー申し上げます」「トウモロコシと空と風」と定番曲が続きます。昨年のコンサートを思い出しながら聞き入っていました。ハローのメンバーの曲を歌います。ということで流れてきたのは「涙が止まらない放課後」。この曲って大人数よりはソロ向きに思えたし、なっちにも合っていてよかったと思います。この公演はビデオ撮影が入っていましたので、再び見ることができそうです。他の公演では「FirstKiss」が歌われたようで、両方見てみたかったです。「…ひとりぼっち…」は会場全体が静まり、なっちワールドが展開します。この曲でできるんなら「晴れ 雨 のち スキ」も(ってしつこい)。

「Memory 青春の光」「ウソつきあんた」「なんにも言わずにI LOVE YOU」とメドレーで歌われました。「ウソつきあんた」は私自身娘。の時も見たことはなかったので貴重でしたが、メドレーでなくフルに近い形で歌って欲しかった。

「後半もガンガンいくよ」となっちの声の後流れてきたのは「恋のテレフォン GOAL」。「復帰したばかりだし、脳天気な曲はないかも」と私自身勝手に想定していたので、この曲が流れてきた時は嬉しかったです。「なっちと一緒にピロリンできるぅ~」と一気にスイッチ入りました。さすが本家ピロリン。なっち以外には誰にも譲れませんね。楽しすぎます。続いて「あなた色」ときたもんだから、私自身悦に入ってしまいました。ここでのなっちの記憶があまりない... MCを挟んで「22歳の私」。再び聞かせてくれます。 ここで本編終了。

アンコールでは、なっちとメロン記念日が登場し、MCを展開していきました。5人を魚に例えるとの話になり、

大谷:トビウオ(飛び出してきそうな髪型より)
柴田:マンボウ(ボーっとしている雰囲気)
斉藤:キス(言葉の響きより)
村田:煮干し(いい出汁がとれるから)
なっち:金魚(見ていると癒される)

とのこと。なっちは予想通りでした。

5人で「腕組んで帰りたい」を歌ったのですが、最後の部分でなっち歌詞が飛びました。収録はこのままなのでしょうか。とにかく、いろいろあってコンサートは終了。

復帰して間もないため、本来なら発売されたであろうシングルやアルバムが披露されず、昨年のコンサートのセットリストに近い形になり、新鮮味はあまりなかったです。今はとにかくなっちの歌が聞くことができたという印象が強く残っています。これからまた新しい安倍なつみを見ることになると思うので(4月には新曲発売、後浦なつみコンもあるし)、私は静かに見守っていきたいと思います。

|

« とりあえず勝ったようでよかった。 | Main | モーニング娘。コンサート@福井 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

はじめまして、こんにちは。
なっちのレビュー記事拝見しました。
自粛明けで心配だったと思いますが、なっちが元気そうで何よりです。

愛ちゃん推しの私ですが、なっち卒コンで運よく花道ステージの最前(といってもサイドの最前でしたが)で見た「22歳の私」は今までのどのコンサートよりも強烈に印象に残っていますし、最高に輝いていました。
これからもなっちには雑音に負けず、このとき以上に輝いて欲しいです。絶対出来ます!

当方のつたない私のブログにコメントいただきありがとうございました。また良かったら遊びにいらして下さい。

Posted by: mokka | February 20, 2005 at 09:27 AM

コメントありがとうございます。

なっち卒コンの時はアリーナ54列でしたが、
花道ステージでは割と近かったので、
「22歳の私」が普通に見ることができたのを
覚えています。私、あの公演の時はじめて
ハロプロ系コンで泣きました。

6月にはソロコンが決まったので、行く予定です。
また遠征だな。

Posted by: しっちい | February 21, 2005 at 07:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25580/2927914

Listed below are links to weblogs that reference 安倍なつみレビュー&コンサート@東京:

« とりあえず勝ったようでよかった。 | Main | モーニング娘。コンサート@福井 »