« July 2004 | Main | September 2004 »

August 2004

August 27, 2004

ヴァンフォーレ甲府VS京都パープルサンガ@山梨

かなり遅れてしまいましたが、8月14日に行われました小瀬スポーツ公園でのヴァンフォーレ甲府VS京都パープルサンガの試合を見に行きましたので、簡単にレポ。スポーツ観戦のレポをするのは今回が初めてです。

試合が行われる小瀬スポーツ公園は甲府市内より少し離れた所にあり、駐車場も多くとられており、車で行くには便利です。観客は山梨県内から老若男女さまざまな人たちが集まってきているような感じを受けました。以前行った新潟もそんな感じかな。観客動員は今年最高の8千人を越えたそうです。

試合内容は、前半はどちらもゴールまでにボールをなかなか持ち込めることができず、京都は優位に立てることができません。甲府は小倉がDFをかわしてゴール角にゴールを決め先制します。後半も似たような感じで時間が流れ、その後京都は甲府にPKを与えてしまいます。しかし、そのPKを平井が何とか止めてくれました。そしてロスタイムに入り、相手ゴール前でFKを獲得。蹴るのは京都のヨン様ことチェ・ヨンス。蹴ったボールはクロスバーをたたいたものの、ゴールの中に落ち奇跡の得点。そのまま引き分けになりました。今回の試合はとにかく負けなくてよかったそれだけですね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

渡辺美里コンサート@埼玉

随分おくれましたが、8月7日に西武ドームで行われた渡辺美里さんのコンサートへ行って来ましたので、感想を。私は1992年に参加しはじめてから今年で13回目になりました。

現地に着き、毎年行っている人たちとのグループチケットから1枚頂く。その後FCの更新、グッズの購入を今年も行う。今回はパンフ、うちわの他に応援セット(サイリウム、ジェット風船)を購入しました。

西武ドームの中に入る。私の座席は9列目ほぼ中央です。これまでの13回の中で一番良い席です。双眼鏡は全く必要なしです。座席の上には何か紙が置いてあり、オープニングに青色の面を上に挙げるようにとの説明書きがありました。

BGM「ブレークスルー」がかかり、いよいよ始まります。私も含め観客は青色を上に向けて紙を挙げます。スタンドを見ると青くなってます。そして美里さん登場、「虹をみたかい」でコンサートが始まりました。今回のコンサートは7月に発売された「Blue Butterfly」を中心に歌われました。途中ゲストとしてTMネットワークの木根さんが登場し、木根さん作曲の「eyes」などによる二人のコラボレーションが行われました。「eyes」は私自身好きな曲で久しぶりにコンサートで聞くことができたので、今回一番印象に残っています。二人でのMCでは、美里さんが某メンバーU氏についての暴露話を楽しそうにしていて、木根さんを困らせていました。木根さんの某メンバーT氏の物真似も上手かったです。

アンコール前の曲が終了すると、美里さんの合図と共にジェット風船が一斉に上げられました。そして、青のサイリウムが点灯され、いつもの様にウエーブが始まりました。なかなかきれいです。

コンサートが終了し、出口に向かおうとすると、スクリーンに「8.6 NO SIDE」の文字が現れました。来年が一区切りなのだなと一層実感しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2004

川嶋あい、石川県に初登場

やっとわが地元に川嶋あいちゃんがやってきます。

http://www.ichirino.gr.jp/ongakusai2004.html

ちょっとがんばって早起きしよっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

安倍麻美イベント@東京

8月7日に後楽園ラクーアで行われた安倍麻美さんの新曲「情熱セツナ」発売記念イベントに行って来ましたので、ちょっとレポ。

現地に着いたのは11時頃。既に握手券の引き換えが始まっていました。私がもらった番号は392番。特にいい番号とは言えないので、後ろから見ることになりそうです。その後しばらくはラクーア内の店舗で涼みながら時間を潰してました。

12時頃にイベントが行われる囲いの中に入る。12時半にイベントが始まるので、しばらく昼食をとりながら待つ。イベントは開始は15分ほど遅れて12時45分頃開始されました。観客は600人程度。これくらいの動員がイベントとしてはちょうどいいです。後日スポーツ新聞で3000人とか出ていたけど、それはあまりにもオーバー過ぎます。司会は文化放送の覆面アナK太郎さん。あぁこの人がなっちとかとラジオで話している人かぁ。

1曲目は「情熱セツナ」、ダンサーさん2人を従えてあさみん登場。曲はイベント開始前に流れていたのだけども、やはり本人が歌っている方がいいですね(当たり前か)。曲調は大人っぽい感じ。2曲目は「Our Song」、昨年のイベントを思い出します。その時は中央2列目であさみんを凝視してました。続いて3曲目は「夏がくる前に」、これは盛り上がる曲ですね。私は3曲とも終始じっと立ってあさみんを見ていましたが。私は昼の野外のイベントには照れがありまして。

この後、K太郎さんとあさみんで文化放送の公録(30分程度)が行われました。この中であさみんが今度の日テレの24時間テレビのドラマに出ることが発表されました。

続いて握手会になりました。私は握手会に参加する時はいつも何を話そうか考えてから臨んでいて、たいていは考えた通りに話すようにしています。今回は「24時間テレビのドラマ楽しみにしています。」と声を掛けました。あさみんは「ありがとうございます」の様なことを言ったようですが記憶にございません(いつものパターン)。さて、こう言った以上ドラマ見ないといけませんな。あと、握手した感覚はありました。

握手会は1時間近く続き、終了後あさみんからあいさつがありました。そしてアンコールで再び「情熱セツナ」を歌いイベント終了。2時間近くの長いイベントでした。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

何かおかしいぞ

ここ最近いくつかの記事を書いたのに、ココログナビの新着記事の検索に反映されてない。
この記事は反映されるのか。設定自体は当然反映するように公開設定してあるのに、、、
なっちの記事とかハロプロの記事とか見て欲しいのに。。。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 10, 2004

8月10日は安倍なつみさんの誕生日

今日は安倍なつみさんの23歳の誕生日です。しかも8/11に発売される「恋のテレフォンGOAL」が店頭では前日に並ぶ日でもあるので、早速地元のヤマダ電機にて、初回版CD、通常版初回CD、通常版初回DVDの3点セットを購入してきました。

曲自体は先月のハロプロで聞いて見てますので、特に驚きとかはないですが、DVDの方ではなっちの顔がアップになったClose-upVersionが収録されています。これがまたいいんです。とにかくかわいいのです。なっち最強です。なっちありがとう。8月末からのツアーも楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2004

ハロープロジェクトコンサート@東京

7月31日、8月1日と、国立代々木競技場第一体育館でのハロープロジェクトのコンサートに行って来ました。簡単に感想を。このコンサートはハロープロジェクトの複数のメンバーが出てくるので、いくつかは割愛します。7月31日は夜公演のものを見てきました。座席はアリーナの右端の方とはいえ2列目です。しかも隣の席が空いており、通路側まで使用できる絶好のポジションとなりました。

オープニングはいつもならシャッフルユニットが3組登場するのですが、今年はなく、いきなりあややの登場です。.「GOOD BYE 夏男」で盛り上がりをフルにし、「YOUR SONG ~青春宣誓~」でしっとり聞き、「奇跡の香りダンス。 」で再び盛り上がる様な感じでした。しかし、いかんせん3曲全てがショートバージョン(TVサイズ)なので、普段のコンサートに慣れている私にとっては中途半端で、あややは嵐の如く現れ去っていきました。

なっちのソロコーナーもありまして、3曲歌われました。「だって 生きてかなくちゃ 」「晴れ 雨 のち スキ」「 恋のテレフォン GOAL 」と、なっちコンのエッセンスが取り出された様々ななっちを見ることができました。特に新曲の「 恋のテレフォン GOAL 」はブリブリの振り付けですが、もうすぐ23歳には見えないかわいさで最強です。サビで足を大きく上げる所はパン○ラしそうです。8月末に再びツアーが始まりますが、その時はフルで歌ってくれると思うので期待します。

モーニング娘。は「女子かしまし物語 」で登場。この曲は12人の紹介をする曲なので、当然12人分フルコーラスでした。私は普段から愛ちゃんを中心にみているせいか、31夜公演は後でかおりんの説明があるまで次曲「 浪漫~MY DEAR BOY」まで、辻ちゃんが体調不良で休んでいたことに気づきませんでした。他の公演はもちろん出ておりました。

「愛あらば IT'S ALL RIGHT 」「恋愛レボリューション21」と続き、この後辻ちゃん、加護ちゃんの二人だけがステージに残りました(8/1夜公演)。同時にファンサイトで実行されたピンクと水色の二色のサイリウムが会場全体を包みました。なっちの時の白ほどの驚きはないですが綺麗でした。私も含め二色で「W」の文字を作っている人が多かったです。辻ちゃん、加護ちゃんはそれぞれ卒業について自分の言葉で一生懸命話してくれました。その後、かおりんや矢口っちゃんから花束が渡され、卒業への言葉が交わされました。同時に娘。に入ったよっすぃ~や梨華ちゃんの言葉には4期としての絆の強さが感じられました。残念ながら5、6期メンバーからの言葉はなかったのですが、その後に歌った「I WISH 」にて加護ちゃんが泣き顔の愛ちゃんと抱き合っているのを見ると、娘。は家族のようなものだと強く実感して、涙が出てきました。

この後「めっちゃホリディ 」「GoGirl ~恋のヴィクトリー~ 」がハロプロメンバー全員で歌われました。「めっちゃ~」の方はあややでなくなっちの方を見てしまいますが、合いの手はつい「あやや!」って言ってしまいます。「GoGirl ~」は31夜公演は正面に夏焼さんが来たので、振りしながら凝視してました。

全体的な感想を。ここでは詳しく述べませんでしたが次々にいろいろな歌手が出てきて、娘。なっち、あややの単独コンを中心に見ている私にとっては、どれも中途半端に思えてしまいます。まぁ、これがハロプロだと言ってしまえばそれまでなんですが。

追伸:あぁ、やっとレポできた。東京の漫画喫茶にて何とか美里さんのコンサートまでに仕上げました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »